札幌のお見合いパーティー一覧【婚活応援ナビ | 札幌編】

会費制結婚式メリット・デメリット

会費制結婚式のメリット・デメリット


招待制とは違う点が多い会費制結婚式。
会費制で行う結婚式には、どんなメリットがあるのでしょうか?

 

新郎新婦・招待客、両方の負担を減らせる

披露宴の費用のほとんどは、会費で賄うことができます。
それなので新郎新婦の負担金は少なくて済み、実質ゼロになるケースもあるようです。

招待制結婚式のご祝儀は年代や間柄によっても大きく異なりますが、
友人だと2〜3万円・上司が部下に渡すなら5万円・親族なら5〜10万円ほどが目安。
通常、会費制結婚式の会費が1万5千円を超えることはないので、
招待客にとっても金額的負担は少ないといえるでしょう。


誰でも参加しやすい

金額はご祝儀より会費の方が少ない場合が多く、
服装も比較的ラフなスタイルでOK。
それなので、たくさんの人が参加しやすいです。

実際、会費制の結婚式では200〜300人にお祝いしてもらえることも珍しくありません。


出席者多ければ黒字になる可能性も

出席者が多いということは、それだけ親族以外の人が多いということになります。

親の知り合いや職場の上司などが多いと、
会費の他にご祝儀をもらえることが可能性も高くなります。
ご祝儀でいただいた分が、黒字になるということですね。

会費は料理代や引き出物代になるので、
残ることはほとんど無いと考えた方がいいでしょう。


ご祝儀の額に悩まない

ご祝儀には相場があるとはいえ、
「あのときお世話になったから…」「特別親しくしているから」
などという理由で、金額を高くするかどうか悩むことも多々。

他にご祝儀を包むことを考える場合は別として、
会費が決まっている結婚式なら金額に悩む必要もなくなります。

 


では、会費制で行う結婚式の注意点は?


招待客を増やしすぎない

招待する方もされる方も、比較的気軽な会費制の結婚式。
でもだからといって、招待客が多すぎると新郎新婦との距離が遠くなってしまいます。
新郎新婦とあまり交流をとれないと、
会費制結婚式の良さの一つでもあるアットホームさが台無しに…。

多くの人に祝ってもらいたいという気持ちはわかりますが、
人数が多ければいいというものではないような気がします。


全ての費用が会費だけで済むわけじゃない

引き出物、料理、飲みものなどなど…。
結婚式にかかる費用はいろいろあります。
会費制ではその全てを会費でまかなえるんでしょ?というのは、大きな間違い。

確かに、とことんコストを削るならできなくはないかもしれません。
どんなに淋しい式になってもよく、質には一切こだわらなければですが…。

招待制ほどではないにしろ、
やっぱり新郎新婦にも負担金が生じるものだと考えた方がいいと思います。

「会費制の結婚式っていいね」
お客さんにそんな印象が残る式を挙げたいものですね。

 

 

 

 

 

ホワイトキーの詳細はこちら

 

お見合いパーティー一覧

パーティー業者の口コミ

ホワイトキーのパーティー

続きを見る

お問い合わせ