札幌のお見合いパーティー一覧【婚活応援ナビ | 札幌編】

婚活疲れにならないためのポイント

婚活疲れを回避する方法

婚活疲れ

「婚活疲れ」という言葉をよく耳にします。
幸せをつかむための婚活で、へとへとになってしまっては元も子もないのですが、どうしてそういう事が起こってしまうのでしょう。 それはやはりシステマティックな婚活を続けているということがあるのではないでしょうか。
結婚情報サービスや出会い系サイト、婚活パーティーなどで
「結婚」という目的に一心不乱になりすぎているのかもしれません。

 

次から次に出会いという名の作業を繰り返し、その中で意中の相手からは断られたり、
意としないお相手からのアプローチを断ったり。
それでも一向に納得出来るカップル成立が望めない。
出会った男性に好印象を持たれるようにとセオリー通りに頑張っていることがかえって男性に「必死過ぎて怖い」と敬遠される結果になったり。
それは「愛する人を自然な形で見つけたい。その出会いをサポートするのが結婚情報センターや婚活パーティー」という本質を忘れて「婚活に勤しむ自分が素晴らしい」という意識にいつの間にか変わってしまっているのかもしれません。
良縁に恵まれないのは自分磨きが足りないからと、自分を追い詰めてはしないですか?ということです。

 

とかく婚活パーティーなどでは男性には経済的なスペック、女性には年齢的なスペックが重視されてしまう傾向があるのも事実です。
アラサーやアラフォーであれば、その壁に泣いたこともあるでしょう。
「もっと若く見えるように!」と躍起になるか、「共通の趣味や価値観をアピールしよう」と料理コンや趣味コンなどへの参加を検討するか、それは人それぞれです。
これが功を奏すことも確かにあります。
しかしそこで成果が得られなければ、もっと疲れてしまうことも考えられます。

 

婚活で疲れないためのコツ

こんな時は「HowTo本」を閉じましょう。 ある程度のお行儀が守れて不快感を与えなければいいのです。
「自分が自分自身のことを好きでいられているか」を考えてみましょう。
自分のことを好きになれない自分を、誰が愛してくれるでしょう。 「愛され上手」な人は、自分を愛して大切にすることを知っている人です。 自分を楽しませてあげることが上手な人は、いつもニコニコできていますよね。 心も豊かでしょう。
それは他者も幸せな気分にできることです。
自分が幸せになろうと必死になりすぎることは、実は自分を追い込んでいるのです。
追い込まれてキュウキュウになっている心では、魅力は半減してしまいます。

 

自分が楽しめる婚活をしてみましょう。
自分がきれいになることは誰のためでもなく、自分が楽しめることで初めて美しさが増すのです。婚活パーティーだって、自分が楽しめていなければ相手も楽しいとは思いません。どんなフィールドでも、自分自信が「楽しい」と思える種を見つけるといいのではないでしょうか。

 

趣向を変えた集まりに出席してみるのもいいでしょう。
「鬼ごっこ婚活」「お寺コン」「お料理婚活」「バスツアー婚活」、趣向が違う婚活は様々あります。そのなかで自分が楽しめるものという視点で探してみましょう。

 

また「結婚相手を探す」というよりも「恋」を探してみるのです。
結婚は相手があってのことですが、恋は相手の想いよりも自分の想いが大切ですよね。
ちょっと意識を変えるだけでいいのです。
自分自身の生活を充実させ「幸せだな」と思えるものを見つける作業です。
その「幸せ感」がにじみ出ている女性は、男性を惹きつけるものです。
言霊というものは確かにありますから、「幸せだな。今日も幸せだったなぁ。」そう言って寝る、「今日も一日元気!幸せ!」そう朝の時間に鏡に向かって笑ってみる、そんなことから始めていいのです。
これは男性女性、関係なく実践してみると状況が変わってくるはずです。

 

お見合いパーティーとは?

 

 

 

 

ホワイトキーの詳細はこちら

 

お見合いパーティー一覧

パーティー業者の口コミ

ホワイトキーのパーティー

続きを見る

おとコンのパーティー

お問い合わせ


Copyright (C)2011-2017 婚活体験談【婚活応援ナビ | 札幌編】 All Rights Reserved.