札幌のお見合いパーティー一覧【婚活応援ナビ | 札幌編】

アプローチカードについて

アプローチカードに連絡先を記入してもいい?

アプローチカードに連絡先の記入はNG?

アプローチカードの書き方は婚活パーティーの運営会社によっても違います。ほとんどの場合、アドレスなど連絡先を記入しても大丈夫だとは思いますが、中にはカップリング前の連絡先交換を禁止している所やパーティー内容の事もあるのでまず確認してからにしましょう。

 

例えばエクシオの場合はアプローチカードにメッセージを書く欄があります。この欄に自分のアドレスを記入して「ぜひメールを下さい」と書き添えることができます。携帯の番号などを記入することもできます。

 

ホワイトキーの場合もアプローチカードで3人まで自分の電話番号やアドレスを記入して渡すことができます。

 

連絡先の記入の有無は本人次第

アプローチカードにアドレス等の連絡先を記入するかどうかは本人次第です。入れなくてはならない、という事でもないですし、特に女性の場合は無理をして連絡先を書く必要もありません。ただ男性の場合はなるべくアドレスなど連絡出来る方法を書いておいたほうが相手も「私のことがそれだけ気に入ってくれてるんだな」と思えるのではないでしょうか。

 

アプローチカードをせっかく書いても、相手が「このカードをくれた人ってどの人?」とわからない場合がよくあります。しっかりとお互いに印象がわかっている相手にならいいのですが、できればメッセージ欄を使って相手に「あの人だ」とわかってももらえるような工夫をしたほうがいいですね。

 

例えば「今度ぜひカヤックを一緒にやりましょう」「学生時代の話がすごく面白かったです」といったように一緒に会話した内容を具体的に入れると「あ、あの人だ」と相手もすぐにわかります。

 

実際にその場ではカップルにはなれなかったけど、アプローチカードにアドレスを記入しておいたおかげで後から女性から連絡があってデートする事になった、というような体験談はわりとよくあるようです。

 

アドレスからメール交換が始まり、最初は友だちのようなおつきあいだったけれど、そのうちに会ってデートするようになるといった事もあるでしょう。後からアプローチカードを見直しても「あの人だ」とわかるような、簡潔でもしっかりと相手に伝わるメッセージと連絡先を記入しておく事で思わぬ展開になることもあるという事ですね。

 

 

 

フリータイムで声を掛けて貰うには!?

 

 

 

 

お見合いパーティー一覧

パーティー業者の口コミ

ホワイトキーのパーティー

続きを見る

おとコンのパーティー

お問い合わせ


Copyright (C)2011-2017 婚活体験談【婚活応援ナビ | 札幌編】 All Rights Reserved.