札幌のお見合いパーティー一覧【婚活応援ナビ | 札幌編】

当たり障りのない話題でまずは打ち解けよう

初対面でもすぐに打ち解けるためのポイント

お見合いパーティーでうまく打ち解けるには?

お見合いパーティーの場合、長くても3時間という時間の制約がありますね。その中で、気になるお相手をと初対面の状態から仲良くなるというのは、なかなか難しいものです。

 

特に初対面というのは少なからず相手に対して警戒心というものを持っていますので、それを解いて仲良くならなければなりません。会話が苦手という人は、尚の事どうしたらいいかと頭を抱えてしまう事でしょう。ここでは、お見合いパーティーで初対面の人とでもすぐに打ち解けるための会話のポイントについて紹介してみたいと思います。

 

 

まずは当たり障りのないところから

初対面の人にしてはいけない質問、それは「プライベートに踏み込んだ質問」です。もしも、あなたが初対面の人にいきなり「どこに住んでいるの?」「仕事は何?」「家族構成は?」なんて質問をされたらどうでしょう?「まぁなんて気さくな人」・・・とは思いませんよね? 逆に「いきなり個人的な事を聞いてきてこの人はどういうつもりなんだろう?」と警戒心を強めるのではないでしょうか?

 

つまり、初対面の人にはまず当たり障りのない質問や話題から話しをふるというのが、その後の関係を良好に進めるためにも大切なポイントとなります。さて、当たり障りのない質問というと趣味や休日の過ごし方なんかが適当ですね。こうした会話を続けているうちに、次第に踏み込んだ所まで聞けるような雰囲気になるものです。あるいは相手が少しずつ自分の事を話してくれるようになってきます。まずはそのタイミングまで、待つことです。

 

このタイミングを外して、いきなりプライベートな事を聞いてしまうようでは、まだまだ会話の達人とは言えません。婚活パーティーでうまく連絡先を聞けたらGoodです。

 

相手を知ろうという気持ちが大切

初対面の相手と仲良くなるためには、相手を知ろうという姿勢で会話を進める事が大切です。例えば、話しをしていて自分の興味がない分野の話しになったとしましょう。そんな時、あなたはどうしますか? 話題を変えようとしたり、適当な相づちを打ってやり過ごそうとしたりしていませんか? 相手はそういった雰囲気は察知するものです。

 

それよりも、本当に相手と打ち解けたいのであれば、自分の興味のない分野や知らない話しでも、まずは真剣に話しを聞く事、そして分からない点は正直に「分からないのでもっと教えてもらえたら嬉しいです」と伝えると良いでしょう。

 

自分の興味のある分野や知識のある分野について聞かれると人は嬉しくなって、もっと話したいと思うものです。つまり、初対面の人と打ち解けるためには、まず相手が「もっと話したい」と思う雰囲気を作る事が大切という事です。

 

 

会話のコツは相手に合わせて話すこと

 

 

 

 

 

お見合いパーティー一覧

パーティー業者の口コミ

ホワイトキーのパーティー

続きを見る

おとコンのパーティー

お問い合わせ


Copyright (C)2011-2017 婚活体験談【婚活応援ナビ | 札幌編】 All Rights Reserved.