札幌のお見合いパーティー一覧【婚活応援ナビ | 札幌編】

今どきの婚活事情を知ろう

今どきの婚活事情とは

今どきの婚活事情

男性にとっての結婚は、今も昔も「社会的信用度が増すもの」であり、そのほとんどはポジティブに働くものです。 しかし女性も仕事を持ってキャリアを評価されることが可能となってきた今のご時世、女性にとっての結婚は必ずしもポジティブな要素ばかりではありません。
結婚や出産によって手放さなければならないキャリアがあるのも現実なのです。

 

今まで言われてきた女性の結婚適齢期は、そのキャリアにとって一番大事な時期と重なったりするものです。
それが30代後半から40代というアラサー・アラフォーにさしかかると、出産へのタイムリミットや独身のままでいることや経済的な不安を考えるようになってしまい、ようやく結婚を考え始めるといった傾向が見られるようになりました。
また男性は早くに結婚する人となかなかしない人という二極化が起こっています。
勢いで無邪気に結婚できる時期を逸すると、今度は経済的な不安を思って「まだ結婚出来ない」と考え始めるようにもなってしまうようです。

 

男女で結婚相手に求めるデータが違う現実

このような背景を受け、女性は結婚に際し「結婚によって生活レベルは落としたくない」と回答している人が86%、「結婚に重要なのは経済力」が81%となっており、女性が経済力を重視していることが表れています。その反面男性は「自分の将来が不安で結婚を考える余裕が無い」としている男性は46%を占めています。
全体的な傾向として、女性の結婚に対する願望が男性のそれよりまさっていると見られる数字が打ち出されています。
特筆すべきは、婚活中の女性が結婚相手に経済力を求める傾向がある反面、男性は結婚相手に年齢を重視する傾向があるということです。
これは男女の結婚観の食い違いの要因となる箇所であると言えます。 また別居婚や週末婚を望む女性が上昇傾向にあり、全体的には夫婦共働きなどを望むのは46%。 ライフスタイルの変化は歴然としています。

 

これらの数字の表すところは、女性側が結婚相手に求める条件を妥協しない姿勢だと、年齢を重ねたときには結婚そのものが難しくなってくるということではないでしょうか。
いまどきの婚活事情は、女性側がいかに結婚を受け止めるかということがひとつの鍵となっていると思われます。
「幸せな結婚」をもっと精神的なものに重きを置くのならば、出会いの幅は広がっていくのですね。

 

婚活を行っている年齢層は?

 

 

 

 

ホワイトキーの詳細はこちら

 

お見合いパーティー一覧

パーティー業者の口コミ

ホワイトキーのパーティー

続きを見る

おとコンのパーティー

お問い合わせ


Copyright (C)2011-2017 婚活体験談【婚活応援ナビ | 札幌編】 All Rights Reserved.